特別養護老人ホームさくら 様

image

社会福祉法人入間川福祉会
特別養護老人ホームさくら
統括部長 大橋けい子様

看取りケアの充実のためにdurantaを活用しています。

現在、介護保険サービスを提供する場においても終末期にあり、看取りケアを必要とする利用者様が増えています。当施設では、夜間は看護職が常駐しておらず、介護職が利用者様の変化を把握し、看護職に連絡をする『オンコール体制』をとっています。しかし、介護職の負担、看護職の『いつ呼ばれるのか・・・』などの不安は常にあります。今後増えていく看取りケアに対応するためにdurantaを利用しました。

看取り期の利用者様にdurantaを装着するだけで、自宅や移動中などでもiPadやiPhoneで心電波形を見ることができ、さらに異常時には自分の携帯電話にメールが送信されてくるので、予想がつき行動計画を立てることもできるようになりました。夜間対応している介護職とも電話だけでは不十分だった内容も、電話しながらバイタルデータが共有できるので、安心につながっています。

看取りケアは私たち施設職員の使命だと思います。安心して施設で看取って頂くためにも、durantaを今後も活用していきたいと思います。

pagetop