• HOME
  • イメージワンのピンクリボン活動への取り組み

イメージワンのピンクリボン活動への取り組み

イメージワンのピンクリボン活動への取り組み

インタビュー

当社製品のクライアントで、乳がんの診療と啓発活動に取り組まれている専門医の皆様に、お話をうかがいました。

新宿ブレストセンター クサマクリニック

院長  日馬幹弘 先生
http://www.breastcenter.jp/

最近では、乳癌検診の機運が高まり、20〜30代の若い方も多く検診にお見えになります。
そこで、多くの方がマンモグラフィーを希望されます。
マンモグラフィーは、乳癌の診断において、とても大事な検査です。
たとえば、しこりのある患者さんに対して癌かどうかを判定するためにとても役立つのです。
しかし、健康診断においてはどうでしょうか?
マンモグラフィーの有効性が確認されているのは、40歳以上・・ということをご存知ですか?それも触診と併用した場合なのです。

マンモグラフィーでは写らない癌が2-3割あるといわれ、それらを見逃す可能性を防ぐために触診もおこなうのですが、省略する検診施設も多いようです。
事実、海外では若年者にマンモグラフィーは勧められておりませんし、日本の検診を勧める小冊子にも40歳になったら・・とされています。
また、マンモグラフィーは、胸を挟むわけですから、それなりに痛みがありますし、弱いながら放射線の被爆も考慮に入れねばなりません。
原爆後に若年者の日本人女性の乳癌リスクが最も高まったことも証明されています。
もちろん、しこりや症状のある方、40歳以上の検診では積極的に行うべき検査です。

しかし、超音波機器の進歩は石灰化や微細な変化を捉えることができるようになっており、乳房のあまり大きくない日本人の場合の検診では、超音波で十分なことも多いのです。
ただし、超音波は施設間での診断能力の差が大きいのが問題です。
検診前に、担当者からよく説明を聞いてから判断されると良いでしょう。

結論:40歳以上の方はもっと積極的に触診とマンモグラフィを使った乳癌検診を受けましょう(触診のみでは絶対だめです)。
これより若い方では、まず痛みのない超音波を受けられて見てはいかがでしょうか。